センターについて

呼吸器・アレルギー内科

診療科長 久田 剛志

 呼吸器病学、アレルギー病学の進歩に即して、それぞれの指導医とともに群馬大学医学部附属病院及び連携施設において、より専門性の高い研修を行う。日本呼吸器学会専門医研修カリキュラムに沿って呼吸器内科学の臨床研修を行う。また、アレルギー病学の臨床研修を学会カリキュラムに従って行うことにより専門性の高い診療を身につける。肺癌の集学的治療を含んだ臨床腫瘍学を習得する。さらに、呼吸器感染症学、呼吸器内視鏡学、呼吸器病学全般の臨床研修を行う。将来、呼吸器内科医を目指す専攻医には、日本呼吸器学会専門医取得、日本アレルギー学会専門医取得、日本感染症学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医などの取得も可能な研修を行う。大学院への進学や、臨床研究論文の作成を目指すことができる。専門医としては、呼吸器・アレルギー疾患診療に優れた知識、技能を持ち、心豊かな呼吸器内科医師を養成することを目標としている。

更に詳しくはこちら